「暮らしやすさ」と「住みやすさ」を追求した都市型デザイナーズレジデンス

Bestway Co.,ltd.

お気軽にお問い合わせください

☎03-5759-5518

受付 平日10:00〜17:00

img_main_company

Residence

弊社収益物件は都内23区限定で開発してまいります。

収益型投資用マンションのコアエリアを東京都内23区に絞って展開していますまた物件調達は国内だけではなく海外投資家においても大井に注目されているエリアになります。

今、どのエリアの不動産が注目され、今後、いかなる不動産のニーズ、再開発等を察し、投資対象のマーケットとして常にこの点を考えながら、現在の資産価値だけでなく、将来的にも資産価値の見込まれる物件を選りすぐり、お客様にご提供しております。

収益物件には様々なものがあります。用途(レジデンシャル、オフィス等)、タイプ(コンパクトタイプorファミリータイプ等)など投資家にとってもり様々な選択があります。その中でも都内23区のレジデンシャルタイプのコンパクトタイプのマンションにターゲットを絞り込んで提供しております。

ではなぜ、ここを投資戦略のターゲットにするのか。それは東京23区にしかないマーケットの魅力があるからです。

東京の賃貸需要は安定しています

他県からの龍も含めて人口集中が進む東京の賃貸需要は極めて安定しています。転入の超過は他県とは比較になりません。

img_tokyo_01 平成27年 総務省統計局 都道府県別転入転出超過数グラフより抜粋

賃料の相場も平均して高めである

img_tokyo_02

”もっとも住みやすい街”世界一「東京」とは・・?

英誌「モノクル」は2015年6月11日、世界の各都市を対象にした「もっとも住みやすい都市ランキング」で東京1位であると発表した。巨大都市でありながら、治安がよく静かであること、犯罪率やインフラ環境、物価などにもとづいて評価した。

しかし日本に住んでいると交通利便性の比較や改めて便利さを見つめ直すことも機会が少ない。

なぜ東京を目指すのか?
東京を選ぶ理由はそれぞれの人によって異なる。

学校に通うために東京都に住んでいるという人もいれば、 仕事のために東京都に住んでいるという人もいる。 昼間人口1558万人夜間事項1316万人 これだけの人口を抱える東京都 その中心部東京23区に不動産を持つ魅力は大いにある。

img_tokyo_05
※イメージ
img_tokyo_05
※イメージ
img_tokyo_05
※イメージ

Access 交通の魅力

世界最高水準の鉄道システムを有する東京。

陸上にJRを中心に私鉄各社の各路線が、また地下には広大な地下鉄網が、日々の生活を支えている。今や東京都23区内は電車と徒歩で行かれない場所は皆無に等しい。 また、バスや電車を始めとした、公共交通機関が人々を好きな場所へ気軽に運んでくれる。

時代と共にその到達スピードも上がり、早朝から深夜まで点検時以外はほぼ運行している。奇跡の交通網である。 その深夜化早朝の時間帯ですらものタクシーなどを利用すれば容易に移動することすらできる。

大動脈 JR山手線

23区の都心部において環状運転を行っている1周長さ34.5kmの路線。1周の所要時間1周の所要時間は内回り・外回りともに標準で59分。

さらにその多くの駅からは、都心から各方面へと放射状に伸びるJRや私鉄各社、の路線と、都心部を走る地下鉄各線に接続している。

これほどのインフラに恵まれた東京23区だからこそ、常に人は利便性と快適性を求めて集まってくるのだ。

Attract 人を惹きつける魅力

利便性や新しい文化は更に人を惹きつける。東京駅をはじめとした新宿や池袋など主要駅の駅ビル。 また世界的に見ても珍しい地下街は東京の魅力の一つでもある。

老舗百貨店の地下にも「デパ地下」と呼ばれる極めておしゃれな巨大地下フードコートもある。

今や世界最大の魚市場、築地市場ですら観光客にはファストフードコートとして新鮮な寿司やおいしい焼き魚が手頃な価格で食べられる街として成立している。

さらに商業施設の活性は各駅ごとに新しい文化すら形成する。ファッションの街「原宿」や「表参道」をはじめ、今や世界的人気のアニメやサブカルチャーの街「秋葉原」なども再開発でにぎわっている。

ビジネスタウンとして再編を続ける品川周辺エリア、グルメや食文化の発展に寄与する街、恵比須や中目黒、代官山、六本木や青山、赤坂など今や日本人だけではない国際色にあふれた人々の交流の場になっている。

img_tokyo_09
※イメージ

食を堪能する街

かの「ミシュラン」が東京都内のレストランに375個の星を与えるほど食文化は訪れる人を人々を魅了している。
19万件の飲食店のその数はパリの10倍以上に上る。ファストフードにおいてもラーメン屋の数は世界一である。

飲食店で提供される「おもてなし」は今後世界に通じる日本発祥のサービスになるだろう。
常に廃れることのない人々を惹きつける食の文化の継承は、これらは今後も街の発展に大きく寄与していくはずである。

img_tokyo_10
※イメージ

Entertainment old streets 人々の優しさにあふれた「下町文化」の残る街

東京は発展目覚ましい街並み以外に古くからの歴史や人々の文化が伝承された「下町文化」が残っている。 日本の「おもてなし」の文化は東京では毎年夏に大規模な花火大会が開催されるが、最も華やかな隅田川花火大会がある。浅草周辺の川沿いには2万発の花火を見物に来る人々が集まり夏の風物詩になっている。

その隅田川沿いには日本の伝統文化である「相撲」が開催される両国国技館もあり、力士たちを街中で見ることができるエリアの一つでもある。 隅田川はいつの時代にも東京下町の住人に愛されている川であり、屋形船が行きかう風情のある文化の詰まったエリアの一つである。